10代のハゲに効果的な対策方法を解説!

10代のハゲ

「まだ10代なのにハゲが気になってきた…」
「シャンプーを変えたり生活習慣を見直しているけど、全くよくならない…」

10代の若ハゲが気になり始めると、辛いですよね。

1日に何度も鏡で頭皮を確認したり、常に頭髪のことを気にして精神的にしんどくなるのも無理はありません。

テレビCMでもよく見かけるサクセスやスカルプDを使い始めたけど、変化がない…という人も多いと思います。

実は、10代の若ハゲはシャンプーや生活習慣を変えるだけでは効果がありません。

シャンプーも食事の見直し、睡眠もあくまでも頭皮環境をよくするだけであり、薄毛に効く成分は入っていないのです。

でも安心してください。

10代のハゲは、まだ完全にツルツルになっているわけではなく、毛は生えている状態のはず。

その状態なら、効果的な対策に取り組むことで復活することもできます。

この記事では、10代でハゲてしまう原因を紹介したうえで、効果的な対策方法、実際に10代ハゲを改善するための流れについてまとめました。

嘘か本当かわからない情報でお金や時間を無駄にする前に、参考にしてみてください。

10代でハゲてしまう原因は男性ホルモンの影響

そもそも、なぜ10代にもかかわらずハゲてしまうのか?

10代でハゲてしまう原因は大きく分けて3つあります。

10代でハゲてしまう3つの原因
  • AGA(男性型脱毛症)
  • 頭皮環境の悪化
  • 生活習慣の乱れ

それぞれ解説していくので、あなたに当てはまるかどうかを考えながら読んでみてください。

1.AGA(男性型脱毛症)

AGAとは男性ホルモンが原因でハゲが進行してしまう脱毛症のこと。男のハゲの8割以上がAGAだと考えられています。

男性ホルモン(テストステロン)と酵素5αリダクターゼが結合すると、強力な男性ホルモン(ジヒドロテストステロン:DHT)が作られます。

強力な男性ホルモンDHTは、毛乳頭(毛の根元にある大事な細胞)に存在する「男性ホルモンレセプター」とくっ付いて、脱毛因子TGF-βを増やします。

脱毛因子TGF-βから他の脱毛因子FGF-5に伝達されると「毛を抜けさせろ!毛の成長を止めろ!」という脱毛命令が出されます。

その結果、ヘアサイクル(毛の成長周期)が乱れてしまい、毛はどんどん細くなったり、抜け落ちてしまったりするのです。

これがAGAによるハゲのメカニズムです。

AGAはハゲ物質によってどんどんハゲが進んでいくので、放っておけばハゲは日に日に酷くなってしまいます。

最終的には、禿げたおじさんのように、毛根は死んでしまい二度と毛は生えなくなってしまうのです。

AGAかどうかを見極める方法は、「つむじ、生え際がハゲてきている」かどうかをチェックしましょう。

ハゲ物質の元となる男性ホルモンレセプターは、つむじか生え際にしか存在しないので、つむじと生え際以外が薄くなることはありません。

つまり、つむじハゲ・おでこハゲ、M字ハゲの場合はAGAだということです。

AGAを対策してフサフサを取り戻すためには、ハゲ物質を抑えることが必要不可欠。

効果的な対策方法について後で詳しく解説します。

2.頭皮環境の悪化

間違った頭皮ケアを続けることによって、頭皮環境が悪化して地肌が透けるようになることもあります。

頭皮環境の悪化につながる間違った頭皮ケアは次の通り。

頭皮環境の悪化の原因
  • シャンプーのやり過ぎ(1日2回以上)
  • シャンプーの刺激が強すぎる(成分が合っていない)
  • ワックスやヘアスプレーを付けたまま寝る

市販されている安いシャンプーには、「硫酸系」と呼ばれる刺激の強い成分が含まれています。

健康的な人が使う分には問題ないですが、頭皮と相性が悪い人が使ってしまうと、頭皮環境を悪化させる原因となります。

肌に合わないシャンプーを使い続けることで、頭皮が乾燥したり、皮脂が過剰に分泌されることも珍しくありません。

また、育毛シャンプーとして販売されている商品の中にも、刺激が強い成分がたっぷり入っているものもあります。

ハゲ対策として使うはずが逆に頭皮環境を悪化している…ということもよくあります。

頭皮環境の悪化によってハゲが進行している場合、頭髪全体の毛が薄くなっているケースが多いです。

また、ハゲと同時に頭皮の乾燥や皮脂の過剰分泌などの異常も気づきやすいので、当てはまる場合はシャンプーの見直しも必要です。

対策については、後程詳しくまとめています。

3、生活習慣の乱れ

・1日3食栄養バランスの良い食事ができていない
・睡眠不足が続いていて、十分に睡眠をとれていない
・運動不足が続いていて、体がだるい
・頭皮が硬くて、全く動かせない

髪の毛を作るためには、タンパク質やアミノ酸、ビタミン類、ミネラル類など、たくさんの栄養が必要です。

当然、毎日バランスの良い食事ができていなければ、髪の毛はどんどん痩せ細ってしまいます。

また、睡眠中に毛を成長させるためのホルモンが分泌されるので、しっかりと睡眠をとることも大事。

徹夜が続いていて睡眠が十分に摂れていなければ、毛は成長できないので細くなってしまうのも無理はありません。

さらに、全身の血行を良くすることも欠かせません。食べた栄養素は血液によって毛根まで運ばれます。

そのため、運動不足で血行が悪かったり、頭皮が硬くなっている場合は、必要な栄養がしっかりと行き渡っていない恐れも。

食事・睡眠・運動

髪の毛にとってはどれも欠かせない要素です。

これら生活習慣の乱れによってハゲが進行している場合も、頭髪全体が細くなっていることがほとんど。

以前よりも細い毛が増えた、スカスカになって地肌が透けている場合は、生活習慣が乱れている恐れもあります。

 

以上3つが、10代がハゲてしまう主な原因です。

効果的なハゲ対策のためには、どれか一つだけを対策するのではなく、3つすべてを改善していくことがベスト。

特にAGAによるハゲは、放っておくとどんどん酷くなっていくので、人によっては20代で完全な若ハゲになってしまう恐れもあります。

20代といえば、社会人になって仕事に専念したり、彼女を作って結婚を意識し始める大事な時期。

そんな時、ハゲているというだけで周りよりも遅れを取ってしまう人も少なくありません。

そうならないためにも、ハゲ対策は1日でも早く始めるべきです。

当然、ハゲ対策を早く始めばそれだけ改善する可能性は高くなりますし、ハゲで悩むこともなくなります。

次からは、10代のハゲ対策に効果的な方法を紹介していきます。

10代のハゲに効果的な唯一の対策方法

世の中には「髪に良い!育毛効果がある!」と宣伝されている商品がたくさんあります。

たとえば…

・シャンプー
・サプリメント
・育毛サロン
・頭皮マッサージ

他にも、「ワカメを食べると生える!」などなど、噂レベルの話はたくさんありますよね。

育毛シャンプーを使ったり、毎日頭皮マッサージを続けている人も多いと思います。

しかし、厚生労働省が薄毛に効く効果を認めているのは「薬」と「育毛剤」の2つしかありません。

残念ながら、シャンプーや頭皮マッサージ”だけ”では、薄毛に直接効果があるわけではないのです。

たしかに、シャンプーや頭皮マッサージをすることで頭皮環境は整うので、毛が生えやすい環境作りはできます。

ただ、薬や育毛剤を使って有効成分を与えてあげないと、いつまでたっても薄毛には効果がないというわけです。

薬と育毛剤には薄毛に効く有効成分が入っていますが、実は10代は薄毛に効果のある薬を飲むことは禁止されています。

薄毛に効果のある薬には、ハゲの原因となる男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)を作らせないような働きがあります。

10代の成長期への影響を考えて、10代では薬を処方してもらうことはできなくなっているのです。

つまり、10代のハゲに効果があると認められている唯一の方法が「育毛剤」です。

10代のハゲに育毛剤は本当に効くの?効果を詳しく解説

とはいえ、育毛剤といえば「おじさんが使うもの」と抵抗がある人もいるかもしれません。

「育毛剤は効かない」という意見もあるので、いきなり始めるのは躊躇しがち。

たしかに、育毛剤には薬のように”毛を生えさせる(発毛)”効果はありません。

育毛剤の効果は、”今生えている毛を育毛すること、今生えている毛の脱毛を予防すること”です。

完全にツルツルにハゲてしまっている人が育毛剤を使っても効果は感じられないです。当たり前ですよね。育毛する毛がないので、効果はないわけです。

でも、10代のハゲが気になる人の多くが、「まだ毛は生えているけど、地肌が透けるようになってきた」という状態。

これは、毛が抜けて生えていないのではなく、毛1本1本が細くなってしまっているから。

つまり、細くなった毛を育毛剤で太くすれば、髪の密度が増えるので、地肌が透けなくなるということ。

毛が太くなれば、もうハゲで悩む必要もなくなります。
地肌が透けて毎朝、髪型で悩むこともなくなります。
ハゲを気にして、周りの視線にビクビクすることもなくなります。

シャンプーや頭皮マッサージは、どれだけ使っても薄毛に直接効果があるわけではないです。

厚生労働省が効果を認めている育毛剤を使うことで、10代の薄毛にも効果が期待できるというわけです。

とはいえ、育毛剤なら何を選んでも良いわけではありません。

育毛剤は様々な商品が販売されていますが、入っている成分によって期待できる成分は違っています。

特に10代が使う場合、効果がある成分が入っているのはもちろん、刺激の少ないもの、続けやすいコスパの良いものを選ぶことが欠かせません。

10代のハゲ対策におすすめの育毛剤をいくつか紹介しておきます。

10代のハゲに効果的なおすすめの育毛剤

10代の育毛剤選びのポイント
  • ハゲ物質をブロックする成分が入っている
  • 弱った毛を育毛する成分が入っている
  • 添加物が入っていない低刺激なもの

以上3つのポイントをクリアした育毛剤だけを厳選しました。

イクオス:質・コスパ共にトップクラスの育毛剤

※画像

10代のハゲ対策として一番おすすめなのが「イクオス」です。

イクオスの強みは、「ハゲ物質をブロックする成分が他の育毛剤よりも圧倒的に多く入っている」ということ。

実は、市販されている育毛剤のほとんどにはハゲ物質をブロックする成分は入っていません。ネット通販で人気の育毛剤でも2,3種類入っている程度。

当然、入っている成分が少なければ効果を実感することはできないので、「育毛剤は効かねー」ってなるわけです。

でも、イクオスには10種類以上の成分をたっぷり配合。これだけのハゲ物質をブロックする成分が入っている育毛剤は、他には知りません。

実際、イクオスを使った人の口コミを調べてみると、かなり評価が高いことがわかります。

イクオスを使い始めてつむじが明らかに目立たなくなってきました。今まで薬局でよく見かけるヘアトニックなどを試してきたけど、イクオスが一番良かったです。
30代 男性

育毛剤を使うのは初めてでしたが、イクオスの評価が良かったので始めました。正直効果があるのか不安でしたが、3か月ほど使っていると明らかに抜け毛が落ち着いてきています。以前のようにシャンプー中に抜け毛がたくさん出ることもなく、イイ感じに効果を実感できています。
10代 男性

イクオスの効果は厚生労働省も承認済み。
発毛促進・抜け毛の予防・薄毛に効くことが認められているので、信頼できる数少ない育毛剤ですね。

また、イクオスの効果については、臨床実験も行われており、そこでもしっかりと結果を出しています。

効くのかどうかわからない育毛剤が多い中、イクオスは客観的なデータもあるので試す価値ありです。

とはいえ、効果を実感できるかどうかは個人差があるのも正直なところ。

全員が効果を実感できる育毛剤って世の中にはないんですよね(育毛剤に限らず100%良い商品なんてないですからね)。

でも安心してください。

イクオスには返金保証があるので、もし効果がなければお金を返してもらえます。

保証期間は45日あるので、イクオス1か月分を全て使い切ってからでも返金に対応してくれますよ。

10代のハゲ対策は1日でも早く始めることが大切。遅くなればなるだけ、復活は難しくなりますからね。

イクオスならもし効果がなければ返金してもらえばよいだけなので、実質ノーリスクで育毛を始められます。

早い人なら1か月目から、多くの人が3か月目ごろから実感しています。

効果を実感出来れば、もうハゲで悩むこともなくなります。

10代のハゲが気になっているなら、まずはイクオスを試してみるとよいですよ。

<追記>
イクオスの人気っぷりが凄いですね。少し前には、財経新聞や徳島新聞などの新聞メディア、ネットニュースでも取り上げられたほど。

注目度も高まってきているので、返金保証キャンペーンがいつまで続くのかは正直わかりません。

メーカー側からしても、返金保証はリスクがあるので、いつキャンペーンが終わってもおかしくないですからね。

迷っているなら、とりあえず返金保証がある間に始めておくことをおすすめします。

いつまでもあるわけではないので、その点だけは気を付けてください。

イクオスの詳細をチェック

10代ハゲを改善するために取り組んでおきたい事

10代のハゲを改善するためには、薬を使えないので、育毛剤を使うことは既に書いた通り。

とはいえ、”育毛剤だけを使っていれば改善される”というほど甘い世界ではない。

そんなに簡単にハゲが改善されるなら、今頃世の中にハゲで悩む人はいないですからね。

とはいえ、しっかりと対策に取り組めば改善することができることも事実。

ここからは、10代のハゲを改善するために取り組んでおきたいことをいくつか紹介しておきます。

いきなり全て取り組むことは難しいと思うので、できることから一つずつ取り組んでいきましょう。

【超重要】育毛剤を使う

10代のハゲ対策で最も重視すべきなのが、育毛剤を使うことです。

ハッキリ言うと、育毛剤を使わずにシャンプーや頭皮マッサージをどれだけ頑張っても意味ないです。

既に書いた通り、厚生労働省が薄毛に効く効果を認めているのは育毛剤です。

つまり、ハゲ対策のためには育毛剤を使うのが必要不可欠。

まずは1日でも早く育毛剤を注文して使い始めましょう。これをしなければ話が進みませんよ。

生活習慣を見直す

育毛剤を使うのと同時に意識したいのが、生活習慣の見直し。

特に「食事・睡眠・運動」は髪にとっても影響が大きいので、できる限り意識していくことが大切です。

まず食事については、とにかく栄養バランスの整った食事を毎日続けること。

もちろんお菓子やインスタント麺を食べることもあると思いますが、それでも野菜やタンパク質はしっかりと摂ること。

髪の毛に必要な栄養素(タンパク質、ビタミン、ミネラル)が不足してしまうと、毛はどんどん細くなります。

それを防ぐためにも、毎日しっかりと栄養を補うことが欠かせません。

「毎日栄養バランスの整った食事をとるのは無理…」

という場合、サプリメントを使うのも一つの方法です。

サプリメントなら1日数粒を目安に飲むだけで、不足しやすい栄養素をしっかりと補うことができます。

私は普段からコンビニで食事を済ませることが多いので、ハゲ対策としてサプリメントを飲んでいます。

私が飲んでいるのは、イクオスサプリメント。

育毛剤イクオスとセットで買えばお得になりますし、入っている成分は他のサプリよりも断然良いので気に入っていますよ。

毎日の食事で栄養を補えるなら無理に買う必要はないですが、食事面が心配なら使うのも一つの方法です。

ちなみに、サプリメントというと体への影響を心配する人もいますが、サプリメントは薬ではなくあくまでも栄養を補うもの。

説明書通りに摂取しているだけなら普段の食事から摂るか、サプリメントから摂るかの違いなので気にする心配はないです。

次に睡眠と運動。

睡眠は人によって必要な時間は変わりますが、日中に眠気が出ないレベルの睡眠時間は確保すべきです。

特に10代は成長ホルモンの分泌も多い時期なので、しっかりと睡眠をとることは欠かせません。

成長ホルモンの分泌によって毛も成長するので、育毛のことを考えると意識することが大切です。

また、運動によって全身の血流をよくすることもハゲ対策としては欠かせません。

いきなりハードな運動をする必要はないですが、近所を散歩したり、ストレッチ、入浴で血行を良くするだけでも効果はありますよ。

以上が10代のハゲ対策として取り組んでおきたい改善方法です。

いきなりすべてを完璧にするのは難しいので、できることから始めておきましょう。

まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

10代のハゲ対策について、書き始めるとかなり長くなってしまいました(すみません

私自身、20代でハゲが気になり始めたので、若くしてハゲを気にするのがどれだけ辛いのかを身をもって経験しています。

・1日に何度も鏡でハゲをチェックする
・人と話していても常に視線が気になる
・風が吹いたらセットが乱れる…と常に心配する
・毎日お風呂上りに将来に対する不安で胸が締め付けられそうになる

ハゲが気になっている人は共感してもらえると思います。

特に若い時にハゲてしまうと、周りと比べることが多く、どうしても悲観しがち。40代や50代で禿げるのと、10代20代で禿げるのは精神的にも全然違いますからね。

だからこそ、私は育毛について勉強してすぐに実践してきました。

いろいろ失敗(効果がないものにお金を払ったり)もしましたが、効果的な育毛剤を見つけて何とか復活できました。

10代でハゲがきになっていると、どうしてもネガティブに考えがちだと思います。

とはいえ、何もせずに放っておいても何も変わるわけではありません。朝目が覚めたらいきなりフサフサになっていた!なんてことは起こりません。

だからこそ、結局は行動するしかないのです。

行動しないことには、育毛も始まりません。

人気の育毛剤には返金保証が付いているので、もし効果がなければお金は返ってきます。

ここまで育毛のための環境が揃っているのに、やらない手はないと思います。

何もせずに後悔するのか、1日でも早く行動に移して理想の未来を手に入れるのか。

結局はやるか、どうかです。

イクオスの詳細をチェック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です