おでこに指4本入るのは普通?ハゲ?見分け方と効果的な対処方法

「おまえ、ハゲてきてるよな?!」

職場で何気なしに前髪をかき上げたときに上司に言われました。

たしかに指4本か5本ギリギリ入るくらいのでこっぱちなのは自分でも知っています。

けど、これってハゲなの?

その一言をきっかけに、ハゲについてめちゃくちゃ調べましたよ(汗)

私と同じように「おでこに指4本入る」ということで、ハゲかどうか心配している人は多いと思います。

はじめに結論を書いてしまうと、
おでこに指4本入るかどうかではハゲの判断はできません。

おでこに指が4本5本入るだけでは、ハゲかどうかを見分けることは難しいです。

生まれつきおでこが広い人もいれば、指が太い人もいます。

ただ、おでこが広いということは、人によってはハゲが進行している可能性も少なからずあります。

そのため、

・まずはおでこがハゲていないのか確認する
・もし禿げ始めているなら早めに対策する

ということが超大事です。

この記事では、おでこに指4本入ることをきっかけにハゲ対策を始めた経験を踏まえたうえで、

・生え際ハゲの見分け方
・これ以上ハゲを酷くさせないためにやっておくべきこと

についてできる限り詳しくまとめました。

最後まで読んでいただければ、今何をすべきなのか?ハゲを放っておくとどんな最悪な事態になるのか?わかると思います。

おでこに指4本入る場合のハゲの見分け方

まずは生え際ハゲの特徴をまとめましたので、当てはまるものがないのか確認してみてください。

生え際ハゲのチェック項目
  • 生え際に産毛が多くないか
  • 生え際の毛が周りの毛より細くないか
  • M字部分が薄くなっていないか
  • 以前よりも顔にニキビができやすくなっていないか
  • 以前よりも顔や頭皮の皮脂が気になっていないか

どうですか?

何一つ当てはまるものがないのであれば、おでこに指4本5本入っても薄毛の心配はないです。

でも、一つでも当てはまる項目があれば、ハゲが進行し始めている恐れがあります。

より詳しい生え際ハゲの基準や見極め方については次の記事で写真付きで解説しているので参考にしてみてください。

生え際が薄い基準生え際が薄い基準はどこから?写真付きで正常な生え際とハゲの違いを解説

参考:生え際が薄い基準はどこから?写真付きで正常な生え際とハゲの違いを解説

おでこに指4本入る原因はハゲホルモンの影響

そもそも、なぜおでこに指4本も入るようになってしまうのか。

その原因として考えられているのがハゲホルモンと呼ばれる物質です。

体の中でハゲホルモンが発生すると、生え際やつむじに脱毛命令が発生されるため、髪の毛の生え代わり周期(ヘアサイクル)が乱れてしまいます。

本来なら成長するはずの毛の成長がストップして、どんどん抜け落ちてしまうのです。

その結果、おでこは後退して広くなり、指が4本5本も入るようになってしまいます。

厄介なことに、ハゲホルモンが一度発生し始めると、ハゲはどんどん酷くなっていく一方なのです。

何もしないで放置すれば、おでこはどんどん上がっていき、最終的にはおでこと地肌の境目がないくらいになってしまいます。

おでこに指が4本や5本入る段階というのは、まだハゲ初期の可能性が高いです。

ハゲ初期の今、効果的な対策に取り組めるかどうかによって、数か月後、半年後、1年後に大きな違いがあることは言うまでもありません。

「ハゲは何としてでも食い止めたい」
「若くして禿げるのだけでは嫌」

このように考えているなら、1日でも早く生え際のハゲ対策を始めましょう。

効果的な生え際のハゲ対策については、次の記事で詳しく解説しています。

間違った方法で対策しても時間もお金も無駄になるので、効果的な方法を理解して1日でも早く始めることが大切です。

生え際後退を改善する方法!効果が認められている2つの薄毛対策術

参考:生え際が薄いを改善する方法!効果が認められている2つの薄毛対策術

まとめ

おでこに指が4本5本入るということは、ハゲ初期の可能性が高いです。

本文でも書いた通り、ハゲ対策は1日でも早く対策することが重要。

薄毛が気になっているのに、気づかないふりをして放っておくと、ハゲホルモンの影響でどんどん酷くなってしまいます。

男のハゲは自然治癒することはなく、日に日にひどくなっていくので、気になり始めたら1日でも早く対策を始めるようにしましょう。

今すぐ効果的な対策に取り組むのか?とりあえず様子を見るために放置しておくのか?

どちらの方がハゲ改善に繋がるかは言うまでもないですよね。

関連記事

生え際後退を改善する方法!効果が認められている2つの薄毛対策術

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です